スクリーンショットのやり方はたぶん多くの人が知っていますが、キーボードショットカットキーを利用するのではないでしょうかね。
実は、ショットカットキーで撮るのは不便だと思ったことはありますか。

win7の場合

  • 例えば、「Print Screen」キーを押して画面全体を撮影でき、「Alt」キーを同時に押すなら、一番前のアクティブウィンドウを撮影できます。しかし、どちらでも範囲指定で画面キャプチャすることができません
    また、今までWindowsでは「Print Screen」キーを押したあとに、「ペイント」など画像が貼り付けられるソフトを立ち上げて、そのソフトに貼り付ける必要があります。なんという手間がかかります。

win8の場合

  • いいことはWindows8は最新のキャプチャ機能を搭載しています。撮影したい画面があったら、「Windows」キーと「Print Screen」キーを押すと自動的にピクチャフォルダのスクリーンショットフォルダに保存されています。だからはもうペイントなんて立ち上げる必要はありません。
  • ただし、ショットカットキーで範囲指定のスクリーンショットを取ることがまたできません。

解決方法

  • 今までの標準な方法を取って代わるいい方法はありますか?
    それでは、2つのオススメの方法を紹介します。

1.編集とスクリーンショットを一体化にしてる無料ツール「Apowersoft画面キャプチャ」

本当に使いやすいなので、紹介します。ウィンドウも、メニューも、どんなエリアでも、範囲指定でスクリーンショットを取得できます。 QQ截图20150123150928_012315_031415_PM.jpg画像から見れば分かりますよね。スクリーンショットに関する全ての機能を一体化にしているいいアプリです。軽快な使い感じも好きです。よかったら、ぜひ一度試してください。取得方法は以下のページへチェック:公式ページ: http://www.apowersoft.jp/free-screen-captureVector: http://www.vector.co.jp/soft/win31/art/se506654.html

freesoft100: http://freesoft-100.com/screen/ss-apowersoft-free-screen-capture.html

対応OS

  • ※Windows 8/7/Vista/XP/Me/2000/98/9/NT

 2.Windows7以降のOSが利用できる画面キャプチャツール「Snipping Tool」

取得方法:
「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「Snipping Tool」をクリックします。 screenshot_20150123_145606.png
  • 自由形式の領域切り取り。  オブジェクトの周りに不規則な線を描きます。

  • 四角形の領域切り取り。  オブジェクトの周りにカーソルをドラッグして四角形を描きます。

  • ウィンドウの領域切り取り。  ブラウザー ウィンドウやダイアログ ボックスなど、キャプチャするウィンドウを選択します。

  • 全画面領域切り取り。  画面全体をキャプチャします。